アメリカのスーパーの包装について

ホールフーズは環境、健康、自然食品を売りにした生鮮食品・加工食品や日用品が主体の高所得者を対象にしたスーパーです。ここでの食品調味料などはガラス瓶入りも多いようです。これまでは缶詰製品であった合わせた調味料やスープの素、調理済み食品といった分野でも、レトルトパウチよりは、無菌紙パックの採用が多く見受けられるようになりました。安全面でプラスチックを嫌う消費者の瓶への信頼、プラスチックよりは再生可能な資源である紙をという顧客の選択を反映しているといえます。ホールフーズは2017年にアマゾン・ドット・コムに買収されました。トレジャージョーズはプライベとブランドの食品が主体です。独自に買付を行なっている良質なカリフォルニアワインをはじめ、ほとんどの商品が5ドルいかという値ごろ感が若年層に受けています。

アメリカのスーパーの包装について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です