Uncategorized

プラスチックの様々な用語

一言でプラスチックといっても、様々な種類があります。プラスチック生産量の約8割を占めるといわれている汎用プラスチックとは、熱可塑性樹脂です。約100度の熱で変形するため、引っ張り強さや耐衝撃性に関しては弱いといえますが、 […]

防錆梱包とは

金属や鉄資材といった錆の発生しやすい製品を輸送・保管する際に使用する防錆梱包。環境などの外的要因から守るだけでなく、腐食の進行を妨げることにより錆から資材を守ることが可能です。防錆梱包にはラッピング・内装・外装と3つの要 […]

ロケット包装の特徴は高温加圧加熱殺菌

魚肉ソーセージなどによく使われている「ロケット包装」は、PVDC(ポリ塩化ビニリデンフィルム)やナイロンといった樹脂をチューブ状にして、なかに食材を充填していくことで製造されています。ロケット包装の多くは、素材となるフィ […]

食品包装は数々の機能を併せ持つことで可能

魚肉ソーセージの包装として馴染みのある「ロケット包装」のプラスチックケージングと言われるチューブに使われている素材は、ポリ塩化ビニリデンやナイロンと言われています。ロケット包装に限らず、プラスチックを使った食品包装には、 […]

ソーセージはロケット包装が定番

プラスチックが使用された包装や容器には、フィルムを使った「軟包装」、チューブや絞り出し容器のような中身の有無でその形状も変わる「半剛性容器」、そして普通の箱や皿状になった「剛性容器」があります。一方、特定商品と包装形態が […]

レトルト包装にみる課題解決の総合力

いまでこそ、スーパーマーケットなどで所せましと並んでいるプラスチックで包装された各種食品が登場するまでには、素材をはじめとした数々の技術開発が必要であったことはいうまでもありません。なかでも、長期保存が難しいとされていた […]

プラスチックの課題解決成果がレトルト包装

食品包装にプラスチックという素材を使う上で、大きな障害となったのが腐敗や変質を招く原因とされる微生物の存在でした。今日のプラスチック包装材全盛を迎えるまで、食品保存の主役として君臨していたのが、ガラスの瓶詰や金属製の缶詰 […]

プラスチック食品包装は技術開発と環境対応

食品包装材としてのプラスチックは、時代の要求と素材自体の開発スピードの加速や食品加工技術向上など、数々の進展に後押しされ瞬く間に存在感を示すまでに成長していきました。なかでも、顕著な成果として挙げられるのがレトルト食品と […]

ガスバリアー性は食品包装容器に不可欠

食品の保存には、瓶詰や缶詰が定番となっていた時期もありましたが、いまではプラスチック容器が欠かせない包装材となってきています。もともと、プラスチックには瓶詰のガラスや缶詰の金属と比較して、食品保存には重要な酸素などに対す […]

紙製容器は表面加工で商品に高級感を演出

紙製容器は、プラスチックフィルムを上手に使い、紙製容器の弱点とされる衝撃や水に弱いことを解決するため、材質構成をはじめ表面加工の技術を活かし課題解決を図っています。表面加工として現在行われているのは、フィルムを外面に貼っ […]