包装の緩衝・携帯性等

どんなに内容物に適した包材で包装しても、配送の際に破損してしまっては意味がありません。内容物の破損を防ぐため保護する役割の包装が緩衝包装です。しかし、破損を恐れて過度な緩衝包装を施していては、輸送数に制限がかかってしまったり、緩衝材そのものの費用がかかり過ぎてしまいます。

表面を保護するのに適したいわゆるプチプチなどの気泡シートや発泡シート、商品どうしの隙間を埋めるバラ緩衝材や紙緩衝材、家電製品の梱包などに多く見られる発泡スチロールやパルプなどで出来た固定用の成形加工緩衝材など、内容物に適した様々な緩衝材が開発されています。近年では捨てないバラ緩衝材として、ポップコーンなどのスナック菓子が利用されることもあるようです。また社会全体のニーズに合わせ、内容物の包装自体も変化してきています。

包装の緩衝・携帯性等

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です